URA-CIMAとは、どんな団体なの?

URA-CIMAは、Civic Tech(シビックテック)団体です。
シビックテック(Civic Tech)とは、シビック(Civic:市民)とテック(Tech:テクノロジー)をかけあわせた造語です。地域住民が、テクノロジーやスキル、得意技を活用して、地域課題や地域研究に取り組むボランティア団体のことを言います。

URA-CIMAでは、メンバーの持っているスキルや得意技を通じて、浦安の地域課題やまちづくりの研究などに取り組んでいます。

URA-CIMAの得意技は?

URA-CIMAにのメンバーは、さまざまなスキルや得意技を持っています。

また、これから勉強して、得意技にして行こう!という取組みも行っています。

特に、現在活動の中心としているものは、「データ活用」「地理情報システム(GIS)」「ゲーミフィケーション(ゲームをを通じたコミニュケーション)」「グラフィックレコーディング」「サービスデザイン」となります。

URA-CIMAの名前の由来は?

浦安の「URA」とスペイン語で「頂上」や「完成」の「CIMA」を組み合わせて「URA-CIMA」です。

ぜひ、浦安がまちづくりで頂上に立って欲しいという願いが込められています。
また、浦島太郎が、竜宮城から海辺に帰ってきた時、世の中が大きく変わっていたように、URA-CIMAの取組みにより、浦安の地域コミニティを大きく変革させようという想いも込められています。

URA-CIMAには、どんなメンバーがいるの?

浦安が大好き、浦安に興味のある方たちで構成されています。

具体的には、公務員、NPO法人、システムエンジニア、営業職、Webライター、子育て世代のママ、学生など、さまざまな世代、業種の方がメンバーとなっています。現在は、25名ほどで活動しています。
あくまでも、ボラティアによる地域活動となりますので、メンバーは、時間のある時、都合の着く時に活動に参加しています。

 

随時メンバーを募集しています!メンバー募集の詳細は、こちらから!

URA-CIMAの2019年の活動記録

2019年、URA-CIMAを支えてくれた皆さんのおかげで、下表のとおり、多くの活動に取り組むことができました。

URA-CIMAメンバーが、各自の得意技を活かして、いろいろ取り組んでくれたこと、また、「一社)GIS学会自治体分科会」「千葉県地域IT化推進協議会データ部会」「Civic Tech Zen Chiba」「まちげー学会UrboLab」「NPO法人6時の公共」「チーム千葉県」「地域デザインラボ@ちば」などの団体等とのコラボにより、URA-CIMA単独では到底困難な、さまざまなステージでの活動にご一緒することができました。

URA-CIMA活動の詳細については、こちらからブログをご覧ください。

  シビックテック系 GIS・データ活用系 まちゲー系 勉強会やイベント等
1月 ・千葉県地域IT化推進協議会に入会 *定期的に浦安市や千葉県の地図データを作成 ・まちゲー企画WS in 葛飾会議に参加 ・地域デザインラボ1号館に参加(4月まで活動)
・災害情報・IT支援ボランティア講座に参加
2月 ・データをもらいにお邪魔しますinいすみ鉄道に参加
・Civic Tech Zen Chibaに加盟
  ・まちゲー企画WS in 葛飾会議(商店街活性化)
・まちゲー学会UrboLab発足(以後、定期的に学習会に参加)
・グラレコ中級講座に参加
3月 ・インターナショナルオープンデータin千葉2019に参加      
4月   ・GISコミニュティフォーラムマップギャラリーコンテスト3位入賞    
 5月        
6月   ・ウィキペディアタウン事前研修に参加 ・URA-CIMA主催「メイキット×行政オープンデータ」 ・6時の公共勉強会「行政手続きのデジタル化」の開講
7月   ・ウィキペディアタウンin松戸に参加   ・グラレコ上級に参加(URA-CIMAをグラレコ)
・URA-CIMA主催「パワポでデザイン研修」の開講
・公共コミニュケーション学会シンポジウムに登壇
8月        
9月 ・Code for Japan Summit 2019 in千葉のスタッフとして協力

・Code for Japan Summit 2019 in千葉 「行政オープンデータをゲームで楽しもう!」

・Code for Japan Summit 2019 in千葉 「あなたの知らないまちづくりゲームの世界」
・UrboLab学習会観光ツアーまちげー+まち歩き
 
10月   ・GIS学会研究発表大会in徳島
・台風による大雨での避難所等情報のGIS活用
   
11月   ・G空間EXPOトークセッション「自治体GIS×地域活動」
・中野区GIS外部アドバイザ
   
12月       ・地域デザインラボ@ちば2号館開設